アビームコンサルティングとGROUND、戦略的業務提携により、IoT時代のロジスティクスソリューションの提供支援体制を強化

アビームコンサルティング株式会社とGROUND株式会社は、バリューチェーン最適化に向けて、ロジスティクス領域を中核としたデジタル化推進、および、最先端テクノロジーの導入支援において、戦略的業務提携を推進することに合意した。

 

昨今の多様化する顧客ニーズと多岐にわたる事業環境の変化に対し企業が乗り遅れず機動的に対応するためには、柔軟で俊敏なバリューチェーン構築が不可欠だ。特にロジスティクス領域においては、将来の更なる人手不足、マーケット変動に伴う設備投資リスクを背景に、抜本的な“パフォーマンス向上”、“ロジスティクスキャパシティの柔軟化”、“投資回収短期化”が実現できる、次世代型のロジスティクスセンターの必要性が高まっている。

 

GROUNDはロジスティクス業務に関わる最先端技術開発と導入、また、ロボット技術を使ったウェアハウスオペレーションの最適化支援を行う企業。オペレーションの可視化と生産性の大幅な向上を実現するプラットフォームの開発・提供や、それを支えるアプリケーションやソリューションを提供している。

一方、アビームコンサルティングは、従来からロジスティクス領域において、物流戦略策定コンサルティング、物流センターや工場新設時の設計評価を行う「工程・ラインシミュレーション分析サービス」や、現場運営力高度化支援のための「WFM(ワークフォース・マネジメント・システム)」のサービス提供を通じて、物流センター構築・運営を支援してきた。さらには、ヒト(機械)・モノ・カネの情報統合管理を行い全体リソースの最適化を支援する「Intelligent Logistics Center構築支援サービス」の提供を開始する。同サービスでは、コンサルティングサービスに加えて、ロボティクス・IoT、ITソリューションの活用支援により、ロジスティクスセンターに新しい価値提供をしていく。

 

今回の業務提携により、両社はデジタルテクノロジーと最先端ロボティクスを活用し、IoT時代の新しいロジスティクスソリューションを提供する。

さらには、バリューチェーン最適化に向け、ロジスティクス領域を中核としたデジタル化・オペレーション改革・ビジネスモデル変革を推進する。具体的には、ロボティクス・IoTを活用した最先端マテハン機器・次世代情報システム導入を支援し、“パフォーマンス向上”、“リソース最適化”、“誰でも出来る化”を推進することで、人手不足の課題を解決する。

また、レイアウト・マテハン機器・作業・人を統合管理した全体設備・運営設計を支援することで、目標スループット達成と物流センター全体を鑑みた設備投資の適正化を実現する。

さらに、ヒト・モノ・カネ・データ・他企業を含めた企業活動の統合化を推進し、デジタルを活用したロジスティクス変革を推進する。

 

今後は両社の強みを生かし、共同でのサービス開発や導入支援を行い、企業のロジスティクス領域における課題解決を支援するという。

 

【関連リンク】
アビームコンサルティング(ABeam Consulting)
GROUND

Previous

MISFIT、充電不要で24時間着けていられる活動量計『SHINE 2』発売

Yahoo! JAPANのスマートフォンアプリ「myThings」に「LOHACO」チャンネルを開設、買い忘れ防止の仕組みや、新しい買い物の楽しみ方を提供

Next