パナソニック、機器とサービスが融合した新たなくらしの価値を共創する「& Panasonic」を開設

パナソニック株式会社 アプライアンス社は、これまで幅広く家電を提供してきたが、近年では、IoT対応、AIの搭載、スマートフォンとの連携等により新しい価値提供を実現している。

そこで、同社は、「& Panasonic (アンド パナソニック)」を4月1日に東京・原宿に開設する。同拠点では、ビジネスパートナーと同社の互いが保有するハード・ソフト・くらしの知見等を掛け合わせ、機器にサービスを付加することでより豊かなくらしの価値の共創を目指す。

施設内には、くらしの空間を設け、食や睡眠等の様々な「くらしサービス」の共同開発・実証をスタートしていく。

Previous

救急自動通報システム「D-Call Net」、新たにSUBARU・日産・マツダにも搭載

大阪ガス、IoTで工場の生産性を向上するソリューションサービスを開始

Next