NTT Com、AIが自動で文字起こしや翻訳を行う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA Meeting Assist」の提供を開始

近年、「働き方改革」の取り組みの中で、業務を効率化するツールのニーズが高まっている。

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、自然言語解析技術を活用したAIサービス「COTOHA」シリーズの新サービスとして、AIが自動で文字起こしや翻訳を行う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA Meeting Assist」の提供を、本年4月1日より開始する。

「COTOHA Meeting Assist」は、会議の内容をリアルタイムでテキスト化し、議事メモに必要な情報を自動で作成することで業務効率化に貢献するクラウドサービスだ。同社の「COTOHA API」をはじめとするAI関連技術が使われている。

最大の特徴は、「会話内容を高精度でスピーディーにテキスト化」できることだ。

会議や打ち合わせなどの音声をリアルタイムでテキスト化し、ミーティング画面に表示。また、会議の場にいないメンバーも、テキストチャットでミーティングに参加することが可能だ。

日本語から外国語・外国語から日本語への即時の翻訳ができるため、グローバルなビジネスにも活用できる。

また、議事メモ管理画面では、発言の一覧表示や編集、音声ファイルの再生ができるほか、会話内容から自動的に抽出したタスクや重要な発言を簡単な操作で議事に転記することが可能。このため、「明日までに見積書を作る」といったようなToDoや決定事項の抜け漏れを防ぎやすく、業務の進捗管理にも対応できる。

その他には、下記の2つの特徴がある。

  • パソコンやスマートフォンだけで手軽に利用可能:
    専用の機器は不要。インターネットに接続したパソコンやスマートフォンだけで利用できる。
  • 専有型クラウドサーバーでのセキュアなデータ管理:
    会話内容の音声データや議事メモのテキストデータは、顧客専有のクラウドサーバーに保管されるため、重要な情報も強固なセキュリティで管理される。

なお、初期費用は無料。月額利用料は35,000円(税抜)から。オプション(別料金)で、利用するサーバーのCPUやメモリ、保存ディスク容量を追加することも可能だ。

Previous

KDDI、企業のグローバルIoTビジネスをサポートする「IoT世界基盤」の受付を開始

マクニカ、NVIDIAのディープラーニング用最上位機種「DGX-2」を導入

Next