ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の次世代型コンビニエンスストア実現に向けて実証実験店舗をオープン

株式会社ファミリーマートとパナソニック株式会社およびパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、パナソニック)は、IoTを活用した次世代型コンビニエンスストアの実現に向けた実証実験店舗として、本日4月2日、神奈川県横浜市に、ファミリーマート 佐江戸店をオープンした。

同店舗では、IoT活用による各種デジタルデータによる効率・高収益運営と、地域に愛されるリアル店舗のデザイン構築など、新たなコンセプトの次世代型コンビニエンスストア像の具現化に向けた共同実証実験を行う。さらに両社は次世代型コンビニエンスストアのあり方について検討を進め、さまざまな実験的な取り組みや検証などを行う予定だ。

今回の実店舗運営によって、「接客業務」「従業員オペレーション」「売り場づくり」「バックヤード業務」のノウハウと現状の課題を自ら習得・把握し、それらを「IoT活用」「画像分析」「顔認証決済」「導線改善」「データ収集・活用」に加え、「空間演出」などのさまざまな保有技術とスキルによるソリューションで改善することで、「省力化・ローコスト運営」「店舗の付加価値拡大」「顧客満足度向上」の実現を目指す。

ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の次世代型コンビニエンスストア実現に向けて実証実験店舗をオープン

具体的な初期導入ソリューションは以下の通り。

  • 顔認証決済/物体検知(※1)
    画像処理による商品読み込みと、ディープラーニングを応用した顔認証技術を活用し、顔の向きや経年変化、メガネなどにも影響されにくいパナソニックの顔認証による決済で、新しい買い物体験を提供。これにより、店舗付加価値拡大、従業員の業務省力化(新しい買い物体験の提供、効率化)につなげる。
  • 業務アシストシステム
    店舗内をカメラやセンサーでセンシングすることでリアル店舗のデジタル化を行う。従業員は、ウェラブル端末を身に付け、タイムリーに店舗内状況を把握し、的確な業務を行う。これにより、従業員の業務省力化、店舗QSC(品質・サービス・清潔さ)レベル向上に貢献する。
  • 店内POP・電子棚札化
    価格表示や店内POPの作成・入れ替え業務を電子棚札を活用して電子化し、業務効率化を実現する。これにより、従業員の業務省力化、顧客ロイヤリティ向上につなげる。
  • IoTデータマーケティング
    従来のPOSデータに加えて、店舗内のカメラやセンサーによる滞留ヒートマップやスマートフォンアプリでのアンケートなどを組み合わせて、データ経営を行うことで、より顧客にとって便利な店舗レイアウトや棚割り、品揃え等を柔軟に実現する。これにより、顧客満足度向上、店舗付加価値拡大(商品開発力の向上、店舗レイアウトの最適化)に貢献する。
  • イートイン・空間演出
    デジタルとアナログを融合させた、居心地よい空間、さりげない形での情報配信を演出する。これにより、顧客満足度の向上、新たな顧客接点の創出を目指す。
  • モバイルオーダー(※2)
    顧客がスマートフォンアプリで注文・決済した商品を、店舗でピッキング・配達をおこない、顧客の元へ届ける。これにより、店舗付加価値拡大、顧客満足度向上(売上向上、配送サービス向上)につなげる。

なお、パナソニックでは2018年4月1日付けで、店舗運営を統括する100%子会社「ストアビジネスソリューションズ株式会社」を設立した。同社ではファミリーマートとフランチャイズ契約を締結し、同店舗運営を行っていく。

※1 初期はパナソニック社員限定
※2 初期は配達先限定

Previous

NTTデータ、医療材料サプライチェーン情報の一元管理を可能とする「MD-TraC」の提供開始

PTC、3D CADプラットフォームの最新版「Creo6.0」を発表

Next