AIUEOと新潟県長岡市、ディープラーニングを活用した歩行者通行量調査の実証実験を実施

近年、街の発展や活性化の指標として重要な歩行者通行量調査を行う人材が不足している。長時間同じ姿勢で常に街ゆく人々に注意を払う必要のある歩行者通行量調査は、重労働であり、人件費コストの増大という課題も抱えている。

このほど、株式会社AIUEOは、2018年10月から2019年3月にわたり、新潟県長岡市と共同で、歩行者通行量調査にディープラーニングを用いたAIを導入する実証実験を行い、従前の人間による計測と同程度の計測結果が得られることを確認した。

同社は、2019年度中の実用を目指し、同様の実験に興味のある地方自治体を広く募るとした。

Previous

PTC、3D CADプラットフォームの最新版「Creo6.0」を発表

国土交通省が推進するi-Construction、基準類を策定

Next