西菱電機、ビーコン・環境センサー活用の屋内位置情報ソリューション「Office IoT」サービス開始

西菱電機株式会社は、個人情報配慮型 屋内位置情報ソリューション「Office IoT」の完全クラウド版サービスを本日4月3日から提供開始した。

Office IoTサービスでは、ビーコンと環境センサーを利用することで、パソコンやモバイルから、オフィスや施設内の従業員の居場所の確認や、会議室の使用状況の確認、オフィス・施設内・会議室内の環境データ(温度、湿度、CO2)の確認ができ、データを蓄積することで、業務の見直しに活用できる。従業員の居場所や環境データはCSV出力が可能だ。

同サービスには、完全クラウド版の他、ハイブリッドクラウド版があり、要件に合わせて選択ができる。

  • 完全クラウド版
    ・サーバーなどの設置が必要無く、迅速に利用を開始できる
    ・クラウドの柔軟性により、過剰な投資を抑制する
    ・社内・社外問わずアクセスが可能
  • ハイブリッドクラウド版
    ・アプリケーション部分はオンプレミス、データ収集部分はクラウドである
    ・データ収集部分をクラウド化することで、低コストで自社システムを構築できる
    ・アプリケーション部分はオンプレミスなので、カスタマイズも可能
    ・機密情報は自社ネットワーク内
Previous

システムフォレスト、「八女伝統本玉露IoTシステム開発・実証事業」の運用サポートを開始

武蔵精密工業、SixEye InteractiveとAIに関する合弁会社「Musashi AI株式会社」設立

Next