リコーとRidge-iが資本業務提携、光学技術と画像AI技術を組み合わせて製品外観検査の省力化・自動化を支援

製品を販売する上で必要な製品外観検査は、製品の品質を維持・保証するために業界を問わず広く実施されているが、色ムラ・傷・形状といった外観検査や異物検査の多くは、未だに目視検査に頼っている。これらの検査にかかるコストに加え、人手不足に伴う熟練工の人材確保が難しいことが大きな問題となってきており、近年、検査業務の省力化・自動化のニーズが高まっている。

このような中で、株式会社リコーは、画像AIソリューションのコンサルティング及び開発・提供を行う株式会社Ridge-iと資本業務提携することで合意した。両社は、リコーの強みである光学技術とRidge-iの強みである画像AI技術を組み合わせ、製品外観検査の省力化・自動化を支援するデジタルソリューションを共同で開発・提供する。

Previous

ユビキタスAIコーポレーション、組込み機器にクラウドベースの音声サービスを搭載してAmazon Alexaと通信可能にするソフトウェア開発キットを販売

DJIとシンジェンタジャパン、ドローン活用したスマート農業分野で業務提携

Next