マクニカ、自律走行デリバリーロボット「Relay」を新宿ワシントンホテル本館に提供

株式会社マクニカは、新宿ワシントンホテル本館が米国Saviokeのデリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」を用いたサービスを開始することを発表した。

「Relay」は、人から人へと品物を運ぶ自律走行デリバリーロボットだ。新宿ワシントンホテルでは同ロボットを「S-mile(スマイル)」と名付け、客室アメニティのデリバリーや、顧客の元へケーキや花束等を届けるサプライズ演出スタッフとして活躍することを予定している。

マクニカは、新宿ワシントンホテル本館で、「Relay」の導入から、サポート、保守、メンテナンスサービスを提供する。エレベータシステムなどホテル設備とのインテグレーションを行い、ゲストの客室まで自律走行で品物を届けることを可能にしている。

今後、マクニカは「Relay」をはじめとしたサービスロボットの販売と導入支援、保守、サポートサービスを提供していくとした。

Previous

NTTレゾナント、家族の繋がりを強めるIoTサービス「goo of things」を提供開始

UL、自動車産業のCASE対応推進に向けて車載機器に特化した信頼性試験ラボを新設

Next