リコー、AWSの「Alexa for Business」でオフィス機器を音声操作するサービスを提供

株式会社リコーは、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)が提供する「Alexa for Business」を中核にした、スマートスピーカーを用いた音声操作サービスを提供する。

第1弾として、リコーの新世代複合機「RICOH IM Cシリーズ」を音声で操作する「RICOH Intelligent Voice Control」を2019年夏に米国市場で提供開始し、「Alexa for Business」の展開に合わせて順次提供地域を拡大していく。

「RICOH IM Cシリーズ」は、クラウドプラットフォーム「RICOH Smart Integration」を介してクラウドサービスと連携し、さまざまな業種業務のワークフロー改善に貢献する。AWSが提供する「Alexa for Business」は、組織や従業員がAlexaをインテリジェントなアシスタントとして使用することで効率をさらに上げることを可能にするサービスだ。

「Alexa for Business」を活用することで、複数の設定が必要なコピーやスキャン操作の際にも、スマートスピーカーに音声指示するだけのシンプルな操作が可能となり、業務の生産性を高めることができる。

リコーはAWSの全面的な技術支援のもと、今後も継続して音声認識によるユーザーインターフェースの開発を行い、利用者がアウトプットイメージをスマートスピーカーに伝えるだけで、さまざまな設定を操作できることを目指す。また対象となるオフィス機器のラインナップを拡充していくとした。

Previous

センシンロボティクス、フジタの建設現場で完全自動運用型ドローンシステムを活用した安全確認・警備監視の実証実験を実施

経産省と国交省、IoTやAIを活用したモビリティサービスの社会実装に向けて、地域と企業の協働を促す「スマートモビリティチャレンジ」を開始

Next