PTC、ARを活用した製造業向け技術伝承ソリューション「Vuforia Expert Capture」を発表

今日の製造業では、退職する従業員の大量流出に加え、製品の複雑さと顧客の需要の増大により、スキルギャップが問題となっている。対象領域の専門家からのより効果的な知識・技術伝承が急務となり、現場の従業員に対して関連情報を提供するための新しいアプローチが必要となってきている。

このような中、米PTCは、従業員の生産性、品質、安全性、コンプライアンスの向上を目的として設計されたARソリューション「Vuforia Expert Capture」のリリースを発表した。Vuforia Expert Captureは、スキルギャップの危機を軽減するために、各対象領域の専門家の知識をARで活用するという技術伝承のソリューションだ。

キャプチャされた作業プロセスは、安全なSaaSベースの環境で編集され、RealWear HMT-1やMicrosoft HoloLens、その他モバイルデバイスを使用して、現場の作業員に提供される。HoloLensの位置認識機能の空間インテリジェンスを活用することで、速度と精度を損なうことなく、異なる場所において複数の手順を踏む現場の作業員に対し安全に指示できる。

熟練作業員は、重要なタスクの実行のプロセスに関する指示を簡単に記録し、新しい作業員や再配置された作業員と、迅速かつ効率的なガイダンスを共有できる。これにより、新人作業員の教育や、慣れないタスクを正常に完了するための正確さと速度を向上させて、トレーニングのコストと生産性向上を実現するまでの時間を削減できるとした。

Previous

NTT Com、コンタクトセンター向けの音声テキスト化AIサービス「COTOHA Voice Insight」の提供を開始

東北新社グループ「TRUE MEMORY」テクノロジーで受け継ぐ思い出

Next