NTTコミュニケーションズ、グローバルなIoTビジネスを展開するeSIM技術を用いたモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」提供開始

IoT関連市場は拡大基調が続いており、IoT機器を日本国外へ出荷して海外での利用や提供を行うケースも増えてきた。その一方で、従来のサービスでは、利用する通信キャリアを出荷先の国ごとに事前に決めておかなければならない不便さや、適用される国際ローミング料金の高額化といった、モバイル通信サービスに関する課題が顕在化している。

そこで、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、これらの課題を解決する新たなサービスとして「IoT Connect Mobile」を4月15日から提供開始する。同サービスは、複数のモバイルキャリアと接続することによって、日本を含む世界196カ国/地域におけるモバイル通信の利用を可能とするIoT向けのサービスだ。

eSIMの技術を用いて、SIMの通信プロファイル(モバイルキャリア、電話番号、契約内容など)の設定内容を遠隔から管理することができる。これにより、運用中のIoT機器のプロファイルをより低廉な価格のモバイルキャリアに切り替えることや、法制度上ローミングが規制されている国においてローミングではなく現地モバイルキャリアの利用を行うといった柔軟な対応ができるようになる。

現在一般的に使われているSIMカードは、出荷後に内容を書き換えることはできないが、eSIMを組み込んだIoT機器を工場から出荷する際には、あらかじめ利用する国に合わせた設定を行う必要がない。また、NTT Comのグループ会社であるTransatelが有するアジア、北米、欧州の3つのゲートウェイを活用し、利用者から最も近い設備を経由することで、遅延を抑えた高品質な通信を実現している。

同サービスのSIMは、取り外し可能な「Plug-inタイプ」、振動耐性・衝撃耐性に優れた組み込み用の「Chipタイプ」の2種類から選択できる。Webポータルを利用することで、ダッシュボードから契約しているSIMすべての利用状況などを把握できる。SIMの追加発注や、回線単位での利用休止・再開設定、顧客自身でSIMごとの通信容量や速度などを簡単に設定することができる。これらの機能はAPIでも提供され、顧客が利用している他のシステムとの連携も可能だ。

さらに、顧客の用途に応じて、SIM上にJavaアプレット(※1)を実装することができ、さまざまな機能の拡張が可能だ。例えばセキュリティ品質を重視する利用ケースでは、SIMカードの高い耐タンパ性(※2)を生かし、アプレット領域に暗号鍵を格納することで通信データのセキュリティレベルを高めたり、IoT機器の改ざん検知機能を付加したりするなど、顧客のニーズに合わせて活用できる。

同サービスの月額データ通信料金は、容量に応じた従量課金制で、1MBあたり1円から利用できる。また、別途初期費用が必要となる。

NTT Comは、さらなるMVNOやIoTサービスの強化に向け、日本国内における「フルMVNO」サービス(※3)の開発を、2020年を目指して進めている。これにより、IoT向けのみならず、一般の顧客向けの格安SIM「OCN モバイル ONE」、企業向けVPNサービス「Arcstar Universal Oneモバイル」などの既存サービスでも、より柔軟なサービスの設計や提供が可能となる予定とした。

※1 Javaで書かれ、他のアプリケーションの中に組み込まれて実行される小さなプログラムのこと。
※2 外部から、機器内部のハードウェアやソフトウェアの構造を不当に解析・改ざんする行為(英語でtamper)に対する耐性のこと。
※3 多くの場合「加入者管理機能(HLR/HSS)」を自ら保有し管理するMVNOのこと。一般的なMVNOと比べてよりMNOに近いケイパビリティを持ち、自由度の高いサービス提供を行うことができる事業者を指す。フルMVNOとなることで、自らSIMカードを発行できるようになるなど、柔軟なサービスの設計や提供が可能になる。NTT Comはすでに一部海外でフルMVNOサービスを展開している。

Previous

NTTドコモ、IoT機器向け新料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始

NTTドコモ、製造ラインの稼働状況をリアルタイムに可視化する「docomo IoT製造ライン分析」を提供開始

Next