ソフトバンクとWCP、5Gを活用したスマートハイウェイの実現に向けた実証実験を実施

Wireless City Planning株式会社(以下、WCP)とソフトバンク株式会社は、パシフィックコンサルタンツ株式会社、前田建設工業株式会社および愛知道路コンセッション株式会社と協力して、愛知県の有料道路で第5世代移動通信システム(以下「5G」)を用いたスマートハイウェイの実現に向けた下記の3点の実証実験を実施した。

  1. IoT加速度センサによる橋梁の健全性監視(衣浦豊田道路 牛田料金所付近)
    5Gの特長の一つとされる多数同時接続の要素技術「NOMA(Non-orthogonal Multiple Access)」および「グラントフリーアクセス」を実装した5G-mMTC(大規模マシンタイプ通信)無線機を試作開発した。そして、橋桁や橋脚の微小な振動を監視するため、「加速度センサ」を多数設置して、5G-mMTC無線機でデータを収集した。その結果、橋桁や橋脚の多点で計測した特長的な振動特性を、リアルタイムで監視できることを確認した。これにより、災害発生時などの橋桁や橋脚の異常を、遠隔地からリアルタイムに検知可能になると期待される。(トップ画像参照)
  2. AIによるインターチェンジ監視(知多半島道路 半田中央インターチェンジ付近)
    ソフトバンクが開発した高い通信品質のサービスを局地的に提供できる可搬型5G設備「おでかけ5G」を、愛知県知多半島道路の半田中央インターチェンジに配置して、5Gの特長の一つとされる大容量通信を用いた高精細な4K映像の伝送とMEC(※)サーバーよるAI画像解析を行い、落下物や逆走車を検出する実験を行った。結果、高精細な4K映像を解析することで、HD画質では検出できない小さな物体をAIで検出できることを確認した。これにより、落下物や逆走車など道路上の異常を自動的に検知できるため、安全監視の効率化や異常の見落とし低減などが期待される。
    ソフトバンクとWCP、5Gを活用したスマートハイウェイの実現に向けた実証実験を実施
  3. IoTによる渋滞監視(知多半島道路 大府東海インターチェンジ周辺の上り車線)
    IoT無線技術とソーラーバッテリーを活用した簡易トラフィックカウンターを道路上に多数設置することで、渋滞の検出精度を向上させる実験を行った。その結果、特定地点の渋滞発生を検出できたことに加え、従来と比べて渋滞の長さをより精細に検知できることを確認した。これにより、ドライバーに対して、より正確な渋滞情報を、より迅速に提供することができるようになると期待される。
    ソフトバンクとWCP、5Gを活用したスマートハイウェイの実現に向けた実証実験を実施

今回の実証実験は、総務省の「高密度に展開された端末の多数同時接続通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」で実施された。

※Multi-access Edge Computingの略。端末から近い位置にデータ処理機能を配備することで、通信の最適化や高速化をすることができる技術。

Previous

日立、SDGsやSociety5.0の実現に向けたイノベーション創生のための研究開発拠点「協創の森」を開設

IDC、働き方改革を実施する企業は66.7%と発表

Next