ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム、ドイツの農機具メーカーCLAASが採用

近年、農機具のグローバル市場はめまぐるしく変化している。機器にIoTが組み込まれる割合が激増しており、インテリジェント化が進んでいる。産業機械市場で求められているイノベーションを実現させるには、企業は効率的な経営を行う必要があり、製品ライフサイクル全体を通してあらゆる関係部門・領域がリアルタイムに連携できる、一元化されたデジタル・プラットフォームの導入が鍵とされている。

このような背景から、すべての領域が連携できる一元化されたデジタル・プラットフォームであるダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォームを、ドイツのハルゼヴィンケルに拠点を構える農機具メーカーCLAASが採用し、全社的な展開を完了したことを発表した。

CLAASは既にダッソー・システムズのソリューションを使用していたが、このほどデジタル変革戦略の一貫として、ソリューションとデータのすべてをこのビジネス・エクスペリエンス・プラットフォームに移行した。

CLAASは、3DEXPERIENCEプラットフォームを基盤とするインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス群である「シングル・ソース・フォー・スピード」、「コンカレント・イクイップメント・エンジニアリング」、「レディー・トゥー・メイク」、「キープ・ゼム・ランニング」を活用している。

Previous

IDC、働き方改革を実施する企業は66.7%と発表

オムロンと京都府舞鶴市、地方都市のスマート社会実現に向けて連携協定締結

Next