国土交通省、「次世代住宅プロジェクト2019」でIoT技術を活用した住宅などの提案募集を開始

国土交通省では、IoT技術等の活用による住宅の市場価値及び居住・生産環境の向上等に関する先導的な技術の普及啓発を図るため、住宅関連事業者が取り組むIoT技術等を活用した住宅等のリーディングプロジェクトを支援している。平成31年度の支援対象事業である「次世代住宅プロジェクト2019」の選定に向けて、本日4月16日より、企画提案の募集を開始した。

主な事業要件は以下の通り。

  1. IoT技術等を活用した住宅等であること
  2. 一定の省エネ性能等を満たすものであること
  3. 平成31年度に事業着手するもの
  4. 「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」を踏まえたものであること

補助対象費用は、調査設計計画費(IoT技術等を活用した設計に係るシミュレーション費用など)、建設工事費(先導的なIoT技術等の導入に係る費用等)、マネジメントシステムの整備費用、効果の検証等に要する費用等だ。補助率は補助対象費用の1/2で、1プロジェクトあたりの補助限度額は原則5億円となっている。

応募期間は本日から5月24日までで、7月を目処に採択事業を公表する予定としている。

出典:国土交通省ホームページ

Previous

NTTドコモ、対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を提供開始

IoTBASE、ソラコムと連携したIoTシステムの提供を開始

Next