IoTBASE、ソラコムと連携したIoTシステムの提供を開始

IoTシステムを構築するには、ハードウェアからソフトウェアまでの幅広い知見と開発が必要なため、これまで導入ハードルが高くなっていた。

このような中、IoTBASE株式会社は株式会社ソラコムの「SORACOM パートナースペース (以下、SPS)」認定済ソリューションパートナーとなったことを発表した。「認定済ソリューションパートナー」とは、ソラコムが提供するパートナープログラムSPSにて、一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があると認定された企業である。

「IoTBASE」は、IoTシステムでよく使われる汎用的なバックエンド機能を提供するクラウド型ライセンスサービスである。サーバーインフラ開発・運用なしにバックエンド機能をアプリに実装することができるため、スピーディかつ低コストでIoTアイディアの事業化を実現する。

また、IoTBASEは既に位置情報、温湿度、加速度など、様々なセンサーを接続サポートしており、多様なユースケースに対応ができる。センサーは今後も追加拡張していく予定である。さらに、IoTBASEを活用することで、自前でサーバーを保持する必要はない。アプリケーションのリリース後もサーバーの運用は不要となり、工数を低減することができる。

今回、ソラコムの「認定済ソリューションパートナー」となったことで、ソラコムプラットフォームと連携してIoTBASEのプラットフォームを活用できるようになった。

これにより、ネットワークからアプリケーション基盤までライセンス利用できるため、開発スピードが上がり、顧客は、サービス企画とフロントアプリ開発に注力でき、初期開発コストが低減する。また、サーバインフラ費・運用保守・回線コストが全てデバイス単位のライセンス費となり変動費化できる。

Previous

国土交通省、「次世代住宅プロジェクト2019」でIoT技術を活用した住宅などの提案募集を開始

ベッコフの空飛ぶじゅうたんと、競争領域と協調領域を明確にする戦略 -Hannover Messe 2019レポート5

Next