経産省、より高度なAIの研究開発を加速させるため日独連携を強化

日独両国の主要なAI研究機関である産業技術総合研究所(以下、産総研)とドイツ人工知能研究センター(以下、DFKI)は、2017年にMOU(覚書)を締結した後、研究協力を進め、自動走行関連AI技術の研究開発や、より高度なAI技術として、人とAIが相互に影響し合う中で互いにその知識を高め、共に進化していくことができる「共進化AI」の実現に向けた検討等、具体的な取り組みを開始している。

こうした両機関の連携をさらに強化し、より高度なAIの開発等を加速させるため、経済産業省とドイツ連邦教育研究省(以下、BMBF)が共に取り組むこととした「高度なAI研究開発の推進における日独協力に関する共同声明」の署名式が、4月16日にドイツ大使館で開催された。石川経済産業大臣政務官とカルリチェクドイツ連邦教育研究大臣が参加し、署名を行った。

経済産業省とBMBFは、産総研とDFKIの連携を更に推進するとともに、両機関の協力によって得られたAI技術を世界市場に広く実装するために更に努力するとした。

出典:経済産業省ウェブサイト

Previous

凸版印刷、LPWA ZETA通信モジュールを開発・量産開始

JIECと近畿大学がAIを活用して講義を支援、質問応答業務を半減

Next