富士ゼロックス、セキュアなクラウド活用を支援する中小規模事業所向けVPN接続サービスを提供開始

富士ゼロックス株式会社は、オフィスネットワーク構築・運用を支援する中小規模事業所向けアウトソーシングサービス「beat/activeサービス」を提供している。このほど、同サービスの新オプションサービスでクラウド接続機能を拡充する「beat クラウド接続サービス」の提供を開始した。

「beatクラウド接続サービス」は、社内ネットワークとクラウドサービス(※)をVPN接続し、セキュアなクラウド利用環境の構築・運用を実現する。具体的には、「beat/activeサービス」を導入した社内ネットワークとクラウドサービス基盤とを安全に接続し、複雑なネットワーク設計・構築の必要なく、自動的にクラウド利用環境を含むセキュアなネットワーク環境の構成が可能となる。これにより、運用開始までの導入費用、時間や工数の低減に貢献する。

また、「beatサービス」の通信内容に対するウイルスチェック機能も利用可能だ。

※ Amazon Web Servicesに対応しており、順次、対応するクラウドサービスを拡充予定。

Previous

IoT人気記事ランキング|シェア電動スクーターサービス「WIND」提供開始など[4/15-4/21]

経産省・国交省、中型自動運転バス実証実験事業を開始

Next