総務省と厚労省、「デジタル活用共生社会実現会議」の報告書を公表

総務省及び厚生労働省では、ICTを活用することで、高齢者や障害者を支援するとともに、男女協同参画や外国人との共生を実現し、誰もが豊かな人生を享受できる共生社会を構築すべく、平成30年11月から「デジタル活用共生社会実現会議」を開催し、ICT利活用による支援策や社会の意識改革・普及啓発策のあり方について検討を行ってきた。

今回、これまでの検討の結果を踏まえ、「デジタル活用共生社会の実現に向けて~デジタル活用共生社会実現会議 報告~」が取りまとめられ、公表した。

出典:総務省ホームページ

Previous

経産省・国交省、中型自動運転バス実証実験事業を開始

日本ユニシス、IoT活用の設備点検サービス「まるっと点検」を提供開始

Next