バカン、IoT活用で多目的トイレの空満状況をマップ表示するサービスを川崎市での国際競技大会で提供

IoTを活用してトイレの空満状況を配信するサービスを行う株式会社バカンは、神奈川県川崎市と東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)と連携して、2019年5月5日・6日に開催される「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」で、会場およびその周辺の多目的トイレの空満状況をリアルタイムに地図上で一覧確認できるサービスを提供する。

IoTを活用してトイレの空満状況を把握できる空席情報検索プラットフォーム「Throne」を導入して、トイレが空いているかをセンサーで検知する。検知した多目的トイレの空満情報は、競技大会の会場となるカルッツかわさきに設置されたサイネージや、スマートフォン向けの地図情報ページ上に表示される。これにより、現地に訪れなくても多目的トイレの空き状況がわかるという仕組みだ。

Previous

日本データサイエンス研究所・東京大学・ネコリコが技術提携、電力解析AIを活用したスマートホームソリューションを提供

富士ゼロックス、ウイングアーク1st提供のBIツールを活用した営業活動の生産性向上を図るソリューションの提供開始

Next