経産省、IoTやAIを活用した新モビリティサービスの社会実装に取り組む「パイロット地域」を募集

経済産業省と国土交通省では、本年4月から新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化に挑戦する地域や企業を応援する新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始した。

経済産業省では、先駆的に新しいモビリティサービスの社会実装に取り組む地域とともに、新しいモビリティサービスの地域における事業性・社会受容性向上のポイント、地域経済への影響、制度的課題等を整理し、ビジネス環境整備を進める。このため、事業計画策定や効果分析などに協力する「パイロット地域」を募集する。

また、国土交通省で全国各地のMaaS等新たなモビリティサービスの実証実験を支援する「新モビリティサービス推進事業」と連携し、重点的な支援も行うとした。

公募受付は5月31日までで、5月10日には説明会が開催される。パイロット地域が決定されるのは6月中の予定だ。

出典:経済産業省ウェブサイト

Previous

富士ゼロックス、ウイングアーク1st提供のBIツールを活用した営業活動の生産性向上を図るソリューションの提供開始

KDDIとNEXCO中日本、スマートフォンの位置情報を活用した工事情報の提供に向けて実証実験を実施

Next