SBクラウドとオープンストリームが協業、機械学習と深層学習を活用した画像検索エンジンを体感できるサービスを提供

企業が画像検索エンジンを導入する場合、大量の画像データを登録して学習させる必要がある。こうした作業には手間や時間がかかるため、技術検証を気軽に行うことが難しく、導入における障壁の一つとなっている。

このような課題を解決するため、画像検索エンジン「Image Search」を提供するSBクラウド株式会社と、クラウドサービスの知見やECサイト向けの開発実績を持つ株式会社オープンストリームが協業し、「Image Search」の画像解析技術を簡単に体感できる「Quick&Accurate 画像検索 PoC サービス」を、小売業界向けに提供する。

「Image Search」は、アリババグループが独自に開発した、マシンラーニング(機械学習)とディープラーニング(深層学習)技術を活用した画像検索エンジンであり、日本では、SBクラウドが「Alibaba Cloud」の製品ラインアップの1つとして提供している。

ECサイトを運営する企業は、商品画像データを「Image Search」上に登録すると、商品を識別するラベルが画像ごとに付与される。これにより、ECサイトを訪れたユーザーが欲しい商品を撮影して画像をアップロードするだけで、同一もしくは類似した商品を表示させることができ、購入意欲の高いユーザーが商品を見つけられずにサイトを離脱することを防いで、スムーズな購入体験に貢献する。

SBクラウドとオープンストリームが協業、機械学習と深層学習を活用した画像検索エンジンを体感できるサービスを提供

「Quick&Accurate 画像検索 PoC サービス」では、企業が商品画像データを簡単に登録し、画像検索できるツールの提供と、PoC用デモサイトの作成をオープンストリームが行うため、企業は手間や時間をかけずに高速かつ高精度な画像検索エンジンを検証できるようになる。

Previous

STマイクロエレクトロニクス、モーション検知機能の設計を簡略化する6軸モーション・センサ用「Unico GUI」を発表

出光昭和シェル、AI・IoT技術を活用した産業保安システムの実証実験を実施

Next