東芝のIoTに基づく物流IoTソリューション「LADOCsuite」、輸送器材の追跡・所在管理サービスを提供開始

労働力不足が続く物流現場では、輸配送業務に関わるステークホルダー(荷主、倉庫会社、運送会社など)間での情報共有による物流プロセスの効率化、全体最適化への期待が高まっている。また、輸送コストの高騰を背景に、これまで必要経費と捉えられていた、輸送器材の紛失や在庫不足による追加購入コストの削減も課題となっている。

このような中、東芝デジタルソリューションズ株式会社は、東芝のIoT「SPINEX」の物流向けIoTプラットフォームを構築し、それを基盤とする物流IoTソリューション「LADOCsuite」として提供する。

その第一弾のサービスとして、物流現場で取り扱われる荷物、パレットやカゴ台車などの輸送器材、車両などさまざまな個体のトレース情報をクラウド上に集めて蓄積しそれを管理・活用することで、配送先や自拠点内にある輸送器材の所在管理の負荷の軽減や、物流コストの削減などに寄与する輸送器材の追跡・所在管理サービス「LADOCsuite/LogiTrace」の販売を、本日から開始した。

「LADOCsuite/LogiTrace」は、荷物や輸送器材に貼付したRFタグ(※1)などの個体識別情報を利用し、移動情報の自動読み取り、データフィルタリング(※2)、セキュリティ通信、蓄積データの見える化を行うサービスである。

物流拠点で輸送器材の受払管理(※3)を行うことで、輸送器材の紛失や拠点間の偏在を抑制し購入コストを削減する。受払管理で課題となる輸送器材と配送先の紐付け作業は、輸送器材識別タグと配送先識別タグを同時に読み取ることで、運用負荷を軽減する。また、顧客向けの個別アプリケーション開発サービスもあり、蓄積された輸送器材の配送先情報を活用した誤積込防止など作業品質の改善にも貢献する。

移動情報の読み取り方式は、RFタグに登録された情報を読み取る据置型のRFIDリーダーを標準サポートし、クラウド通信と機器制御を分離したエッジモジュール構成を採用することで、顧客の取り扱い荷物に最適な読み取り機器と接続可能だ。

料金体系は月額制で、顧客が管理する輸送器材に応じたライセンス体系、使用するリーダー数に応じたライセンス体系を選択できる。

これまで物流現場で活用されていた、荷物、輸送器材、車両などの位置情報管理は、別々のソリューションとして提供される場合が多く、また、位置情報もソリューション導入企業内での使用に限られていた。同サービスを利用することで、輸送器材に加え、荷物、車両、作業員などのデータの一元管理が可能であり、今後は、管理するターゲットの拡張、輸送中のトレース情報の収集機能の追加を予定しているとした。

※1 RFIDの技術によりデータの書込みと読み出しが可能なタグ
※2 クラウドに送信するデータを選択し通信費用を抑制
※3 輸送器材の出荷と返却を把握する事で保有している輸送器材を管理

Previous

セコムなど、AIを活用して等身大バーチャルキャラクターが警備・受付業務を提供する「バーチャル警備システム」を開発

日立、水道管など地中埋設インフラを効率的に保守管理するデジタルプラットフォームを構築

Next