Hamee、人工知能・機械学習を研究する「ネクストエンジンAIラボ」を新設

Hamee株式会社は、ECマーケットでの未来の働き方を実現する次世代のソリューションの開発を目指すことを目的として、人工知能・機械学習を研究する「ネクストエンジンAIラボ(ネクストエンジン エーアイ ラボ)」を設立した。

Hameeがこれまで提供してきた「ネクストエンジン」は「自動化」を旗印に掲げ、大手ショッピングモールや自社で運営するECサイトの出品・注文・在庫をまとめて管理することができるクラウドサービスだ。 同社自らが15年以上EC運営を行い、その自動化を追求する中でネクスエンジンが開発された。

平成26 年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、12.8兆円(前年比14.6%増)まで拡大している。また、EC化率は、BtoC-ECで4.37%(前年比0.52 ポイント増)と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展すると予想されている。(※1)

一方で、EC運営業務は、マーケティング、広告効果検証、マーチャンダイジング、商品開発、カスタマーサービス、デザイン、写真撮影、商品登録、受注、発注、在庫管理、物流、経理、モール出品、カート構築など多岐に渡り、更にオンラインモール等の販売プラットフォーム、商品カテゴリ、ECを支えるソリューション毎にフォーマットの統一がされておらず、アナログで行う作業が多いため生産性が高くない。もっと業務は「自動化」されるべきで、もっと販売は「自動化」されるべきで、もっと分析は「自動化」されるべきだと同社は考えている。

このような現状を踏まえ、EC運営者が本来やるべき ”ビジネスの成長” だけに専念できる世界を実現するべく、新たな領域の研究を行う専門組織を設立するに至りました。

ネクスエンジンAIラボの初代所長には、同社のネクストエンジンの製品開発をリードしてきた取締役 鈴木淳也が就任。現在保有するEコマースのビッグデータを活用し、あらゆるECバックオフィス業務の自動化を更に進め、ECマーケットでの未来の働き方を実現する次世代のソリューションの開発を目指していく。

ネクストエンジンAIラボ設立に先立ち、AIや機械学習、ビッグデータ、オフィス自動化関連の研究者、エンジニア、Eコマースの専門家、協力事業者、大学等の研究機関の募集を開始した。

※1)出典:経済産業省 商務情報政策局情報経済課 (2015年5月29日)

【関連リンク】
Hamee

Previous

フィットビット、新製品のファッショナブルなフィットネスリストバンド『Fitbit Alta™(フィットビット・アルタ)』を発表

富士通、Deep Learning適用で「データキュレーションサービス」を強化

Next