IDC、国内ネットワーク仮想化/自動化市場は2018年の564億円から2023年にかけて年間平均成長率16.5%で拡大と予測

企業:

IDC Japan株式会社は、SDNを含むネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表した。これによると、データセンター、企業ネットワーク、通信事業者向けを合計した国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2018年の564億円市場から、2023年にかけて年間平均成長率(以下、CAGR)16.5%で拡大を続けると予測している。

ネットワーク仮想化/自動化は、ソフトウェアおよびハードウェアを用いて、ネットワーク仮想化およびネットワーク自動化を実現する機能を指し、同市場は、ネットワークインフラストラクチャ、ネットワーク自動化/仮想化プラットフォームおよびプロフェッショナルサービスから成る。

トップ画像のグラフは、2018年~2023年の国内ネットワーク仮想化/自動化市場 支出額予測を表している。棒グラフは、データセンターネットワーク、企業ネットワーク、キャリアネットワークのネットワーク仮想化/自動化市場の合計値であり、折れ線は前年比成長率を示している。

適用領域別にみると、ネットワーク仮想化/自動化が最も進んでいるデータセンターネットワーク仮想化/自動化市場は、OpenFlowで始まったSDNブームを超克し、「キャズム」を越えたと言える。同市場の2018年の前年比成長率は、2017年の82.3%から13.9%に落ち着き、急成長期から安定成長に移行していることが明らかとなった。

これは、導入側でのSDNやネットワーク仮想化/自動化に対する正しい認知の定着と評価が進んだためである。ネットワークの自動化と仮想化は、これからのITプラットフォームには不可欠とされている。そのため、成長のペースは落としながらも、データセンターネットワーク仮想化/自動化市場は、2018年~2023年のCAGRは9.7%と、安定した成長を続けるとIDCではみている。

企業内のLANにおける仮想化/自動化は、2018年に大きな転換点を迎えた。OpenFlowに端を発した企業ネットワークSDNは、仮想化/自動化技術の中心ではなく、それに代わって「継続的/再帰的なネットワーク自動化」「ポリシー/インテントに基づいたネットワーキング」「ネットワーク可視化/アシュアランス」を備えた次世代企業ネットワーク仮想化/自動化ソリューションが市場を牽引している。

こうした背景には、ネットワーク接続端末の爆発的増加への備えと、デジタルトランスフォーメーションに適応した企業ネットワークの希求があるとIDCでは捉えている。このような成長エンジンを得た企業ネットワーク仮想化/自動化市場は、力強い成長を続け、2018年~2023年のCAGRは14.1%と見込んでいる。

国内ネットワーク仮想化/自動化市場が、SDNが目指したネットワークの本質がネットワーク自動化/自律化にあると見極め、それに邁進する中で、IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一氏は以下の様に述べている。

「ネットワーク自動化は、何か一つのソリューションを入れて完結するのではなく、自動化の範囲を広げながらそのレベルを継続的に高めていくものである。自動化レベル向上には、ベンダーがソリューションを供給するだけでは持続せず、ユーザー企業の自発的なネットワーク自動化の進化を促すことが必要である」

Previous

NTT、ビッグデータ解析による健康経営を支援する新会社「NTTライフサイエンス株式会社」設立

東芝デジタルソリューションズ、リコーの照明・空調制御システムにIoT技術で照明を自動制御する連携ソフトを提供

Next