スマホで延期された、「折りたたみ」をレノボがPCで実現

先日、サムスンが折りたたみスマホGlaxy Foldのリリースを延期した。もう、折り畳みは出ないのかと思っていたら、レノボがPCで折り畳みをリリースするという発表をしたのだ。

ラップトップモードでは、ノートPCでいう折りたたんだキーボード部分がバーチャルキーボードとなり、広げると全面がディスプレイになるという。

もちろん、外付けキーボードでの操作もできる。イメージとしては、タブレットPCが折りたためて、OSがWindowsというものになる。

Lenovo_Worlds_First_Foldable_PC_1

レノボといえば、ディスプレイを背面側にも折りたためるYOGA BOOKがあり、当社でもメンバーが使っているが、通常のPC仕様では折り返してディスプレイ側を表にしているのを見たことがない。

お持ちの読者はどういうシーンでディスプレイを表にする折り方をして使っているのだろうか。

開くと13.3インチ、半分で9.6インチというこのディスプレイ。

登場した時にどういう利用シーンが描けるのかが気になる。

Previous

CaSy・ローソン・Keycafeが連携、IoTキーボックスでカジー利用者宅の鍵の受け渡しサービスを開始

ウォルマートが翌日配送を開始

Next