PTCとインフォシスが協業、AI/ARを活用したIoTソリューションの提供を開始

PTCジャパン株式会社(以下、PTC)と、インフォシスリミテッドの日本支店(以下、インフォシス)は、次世代IoTソリューションの提供を開始すると本日発表した。同ソリューションは、インフォシスのナレッジ主導型AIプラットフォーム「Infosys Nia」と、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」とARプラットフォーム「Vuforia Studio」に基づいている。

同ソリューションでは、IoTで製造現場や生産プロセスのデータを収集し、現場の情報をデジタルで見える化する。その収集したデータをAIで分析して、製造における最適な時期や品質、量を事前に予測し、業務を最適化する。さらにIoTとAIで収集・分析した情報は、ウェアラブルグラスを活用したARによる視覚化で作業員の作業を効率化する。

人材育成・トレーニングに活かすことで、作業員の匠の技を継承し、物理世界とデジタル世界の融合を図り、顧客のデジタルトランスフォーメーションを促進、資産の効率化、製品の品質向上、業務改善に貢献する。

PTCとインフォシスは同協業により、製造業界をはじめ、自動車、ハイテク、エネルギー、建設、小売、流通・物流、倉庫、ヘルスケア、スマートシティなど幅広い業界・分野に対して、AIを活用したIoTソリューションの導入をすすめるとした。

Previous

NECとFFRI、国産技術を活用したサイバーセキュリティ製品の共同開発に向けて協業

三菱電機とHERE、路上障害情報を後続車両にリアルタイム共有する「レーンハザードワーニングシステム」を開発

Next