パナソニックとANA、空港でパーソナルモビリティを活用したサービスの実証実験を実施

パナソニック株式会社と全日本空輸株式会社(以下、ANA)は、シニア世代の旅行の移動をサポートするパーソナルモビリティ(自動追従電動車椅子)の実証実験を行う。

パナソニックがWHILL株式会社と共同開発しているパーソナルモビリティを用いて、成田空港で乗り継ぎをする顧客を対象に、先頭の一台の車椅子を係員が操作し、その車椅子に他の車椅子が自動追従する機能を活用したサービスを、顧客視点での実用化の可能性を検証する。

同パーソナルモビリティの最高速度は4km/hで、障害物を検知するなどの「安全性」の機能を有している。

Previous

パナソニック サイクルテック、IoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

ソフトバンク、AI清掃ロボット「Whiz」のレンタルサービスを開始

Next