総務省、「IoTセキュリティ総合対策 プログレスレポート2019」を公表

IoT/AI時代が到来し、それらに対するサイバーセキュリティの確保が、安心安全な国民生活や社会経済活動確保の観点から極めて重要な課題である。そこで、総務省では、2017年年1月から「サイバーセキュリティタスクフォース」を開催し、IoTセキュリティの確保に必要な対策について検討を進めてきた。

「サイバーセキュリティタスクフォース」では、2017年10月に策定・公表された「IoTセキュリティ総合対策」の進捗状況及び今後の取組について、2018年7月に公表した「IoTセキュリティ総合対策 プログレスレポート2018」に続き、今回、「IoTセキュリティ総合対策 プログレスレポート2019」を公表した。

総務省では、同レポートを踏まえ、関係省庁とも連携しつつ、引き続きIoTセキュリティ確保のために必要な施策を推進していく。

出典:総務省ホームページ

Previous

総務省、AIネットワーク社会推進会議「AI経済検討会報告書」を公表

総務省、SDGsの達成・Society 5.0の実現に向けて「ICTグローバル戦略」を公表

Next