ゴミ箱の替え時を教えてくれる「lidbot」 ーCOMPUTEX2019レポート6

企業:

台北で開催されていたCOMPUREX。INNOVEXと呼ばれるスタートアップブースで、日本のソラコムのグローバルSIMを使っているサービスがあった。

lidbotと呼ばれる、カメラにSIMを搭載したものだ。Cat-M1で通信が可能なので、電池の取り替えが1年以上必要ないということだ。

この小型カメラをゴミ箱の天井の裏に貼り付けて使うことで、ゴミ箱の替え時を教えてくれる。

公共施設や空港といったパブリックスペースのゴミ袋の交換作業を軽減するのだということだ。

また、新しいデバイスとしては、天井部分にソーラーパネルを搭載した一体型のゴミ箱も検討しているということだ。

ゴミ箱の替え時を教えてくれる「lidbot」 ーCOMPUTEX2019レポート6
開発中のソーラーパネル一体型のゴミ箱

CEOのHamoun Karami氏は、「ソラコムのGlobal SIMを使うことで、世界百数十カ国で利用開始できる」と意気込みをみせていた。

COMPUTEX 2019 TAIPEI特集はコチラ

Previous

キャッシュレス時代へ本格突入、POSレジの進化と顕在化する無人レジの価値 ーCOMPUTEX2019レポート5

FPGAでビッグデータ解析やゲノム解析を行う「WASAI」 ーCOMPUTEX2019レポート7

Next