ALBERT、データ関連人材育成プログラム 「データサイエンス共同研究講座」開設

ビジネス・アナリティクス市場規模は年平均13.6%で成長している(※1)一方、それを支える先端IT人材の不足数は2030年には26.8万人にまで拡大する見込みだ(※2)。

このような中、データサイエンティスト育成に取り組んでいる株式会社ALBERTは、データサイエンスのトップレベル人材を育成することを目的とした「データアントレプレナーフェロープログラム」で「データサイエンス共同研究講座」を開設すると発表した。

「データアントレプレナーフェロープログラム」は、国立大学法人 電気通信大学が代表機関を務め、文部科学省 データ関連人材育成プログラムの選定機関として採択を受けた「データアントレプレナーコンソーシアム」のデータ関連人材育成プログラムだ。ALBERTは、2017年10月から「データアントレプレナーコンソーシアム」に正会員として参画している。

ALBERTが開催する「データサイエンス共同研究講座」は、同プログラムの受講生を主な対象とした2019年8月から2020年1月までの約6ヶ月間のワークショップ形式によるデータ関連人材育成プログラムである。ALBERTのデータサイエンティストがアドバイザーとなり、受講生と共同研究を行う。

同講座では、大量の画像データから特定の対象・シーンを含むサンプルを抽出する画像検索アルゴリズムの研究や、物体検出における判断根拠の可視化手法の研究、画像認識の精度向上を目的としたデータ拡張を実現する手法の研究等が予定されている。

※1 株式会社ミック経済研究所
※2 経済産業省及びみずほ情報総合研究所株式会社

Previous

DeNA SOMPO Carlife、メンテナンス付きマイカーリースサービス「SOMPOで乗ーる」提供開始

NECと産総研、AIとシミュレーションを活用して生産状況の変動を想定し生産プロセスを最適化する技術を実証

Next