IT技術に関する調査結果をVSNが発表。今後、ニーズが高まると思うのは「IoT」「SDN」「サーバー仮想化」「クラウド」。

企業:

技術者派遣サービスの株式会社VSNは、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する調査」を実施した。

計164名から回答を得た。

 

今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は? 調査結果

■OS・サーバ・ストレージ・データベース

「仮想化」「クラウド」に関する技術ニーズが「1年以内」では最も高いニーズとなっている。(図1)
「3~5年以内」で「1年以内」よりニーズが高くなりそうな技術は「Windows Server 2016」「OpenStack」が挙げられている。

IT技術に関する調査結果をVSNが発表。今後、ニーズが高まると思うのは「IoT」「SDN」「サーバー仮想化」「クラウド」。


■ネットワーク・セキュリティ・運用

「1年以内」にニーズが高まる技術として「SDN」「次世代ファイヤーウォール」「総合運用ツール」。これらの4つの技術は「3~5年以内」のニーズでも、上位を占めている。(図2)
「3~5年以内」で「1年以内」よりもニーズが高くなりそうなのは「IPv6」、「ITプロセスオートメーション」という結果になった。

IT技術に関する調査結果をVSNが発表。今後、ニーズが高まると思うのは「IoT」「SDN」「サーバー仮想化」「クラウド」。


■開発ツール・方式・言語

「IoT」が「1年以内」「3~5年以内」共に上位となる結果になった。
次いで「Java」「Python」が挙げられている。(図3)
「3~5年以内」のニーズでは、「Java」「DevOps」のニーズが他の技術と比べて低い予想の結果になった。

IT技術に関する調査結果をVSNが発表。今後、ニーズが高まると思うのは「IoT」「SDN」「サーバー仮想化」「クラウド」。

 

【調査概要】

調査方法:インターネット調査 他
調査地域:全国
有効回答数:合計164サンプル
調査対象:同社クライアント

 

【関連リンク】
VSN

Previous

DMM.com、日本と世界での流通・販売を支援する「DMM.make Distribution」部門立ち上げ。デジタル汎用品「DMM.make BASIC」シリーズの販売を開始。

三次元IoTイルミネーション『L3Dキューブ』、クラウドファンディングMAKUAKEにて先行販売

Next