マクニカネットワークス、100%オープンソースのエンタープライズHadoopを提供する米国Hortonworksと販売代理店契約を締結

ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社は、企業向けに完全なオープンソースのHadoopデータプラットフォーム「Hortonworks Data Platform (以下、HDP)」を提供するHortonworks, Inc.と販売代理店契約を締結したことを発表した。

2月9日より、HDP Support Subscriptionを販売開始した。

 

テキスト・音声・画像だけではなく、ソーシャルメディア・モバイルデバイス・ICカード・IoT機器 などから多様なデータが創出され、あらゆるデータからビジネス価値を見出すために情報収集の頻度と速度が上がっている。

特に、この数年間で生成された膨大なデータから新たな価値を見出すための動きが活発化しているなか、迅速かつ経済的にデータ処理を高速化するための技術として、Apache Hadoop(以下、Hadoop※1)への関心が高まっている。

Hadoopは、開発の活発化、アーキテクチャの進化による拡張性・信頼性・安全性の向上、より安定した運用とセキュリティ強化によって、大量な非構造化データの蓄積・分析に適した主要なプラットフォームと認識されるようになった。

 

マクニカネットワークスが販売代理店として契約したHortonworks社が提供するHDPは100%オープンソースのコンポーネントとHortonworksのテクノロジーだ。最先端のHadoopコミュニティにより開発された、完全にオープンなアーキテクチャを元に企業のさまざまなニーズに対応したデータプラットフォームを提供する。

また、データディスカバリー、カスタマーインサイト、予測分析などのビッグデータ活用をサポートし、Apache Software Foundationや主要なApacheプロジェクトがもたらす新しいビジネス価値創出に貢献する。

また、Open Enterprise Hadoop(※2)によりデータアーキテクチャの近代化を図り、運用コストの削減を実現するプラットフォームとなる。

 

さらに、Hortonworksの「HDP Support Subscription」を通じて、環境や規模、複雑さに関わらずHDPをベースにしたソリューションを実装している組織に対して、専門家による技術サポートサブスクリプションを提供。サポートサブスクリプションは、開発、コンセプトの実証からQA/テスト、生産、導入にいたるまでシステム開発のライフサイクル全体をカバーする。

 

※1: Apache Software Foundation(ASF)が開発および公開しているHadoop

※2: オープンな商用向けHadoopの名称

 

【HDP Enterprise Subscriptionの特長】

  • 100%オープンソースのコンポーネントを活用
  • Hadoopを熟知したプロフェッショナルなメンバーが在籍
    Apache Hadoopプロジェクトの全コミッターの1/3がHortonworks社員
  • YARNベースのアーキテクチャによるプラットフォーム一元化が可能
  • 最大限の柔軟性を提供
    あらゆるデータ、アプリケーション、プラットフォームに対応

 

【関連リンク】
マクニカネットワークス(Macnica Networks)
Hortonworks

Previous

google、腕時計型ウェアラブルデバイス向けOS、Android Wearに新たなハンズフリー機能を搭載

シャープのともだち家電とIoTプラットフォーム OMC2016

Next