電通デジタルがLINEと連携、オンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションを提供

株式会社電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用して、LINE株式会社の提供する運用型広告プラットフォームLINE Ads Platform(以下、LAP)で、オンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションの提供を本日から開始した。

電通が開発した「STADIA」とは、テレビ広告やインターネット広告などへの接触に伴うサイト送客や会員登録といった行動喚起、また認知醸成や興味喚起といった態度変容の効果検証と改善施策を導くツールであり、インターネットに結線されたテレビの実視聴ログをもとに推定したテレビCM視聴者に対する、インターネット広告の配信やOOH広告のプランニングおよび広告効果検証が行える次世代統合マーケティングプラットフォームである。

この「STADIA」と、LINEの保有するLAP広告接触ログの連携により、実ログベースでのリーチ・ブランドリフト等を含めた広告効果検証が可能になる。

これまでもLAPでは、「STADIA」のテレビ実視聴ログデータを使用したターゲティング配信の実施は可能だったが、リーチや認知・好感度向上への貢献度などを実ログベースで検証することは困難だった。そこで電通デジタルとLINEが両社のデータを統合し、分析・検証可能でセキュアな環境を協同で整備し、配信後のテレビ広告・LAP広告の接触・非接触者の実ログに基づくリーチ計測と、マスとデジタル広告の統合効果検証までをパッケージ化した。

先行事例の国内大手消費財メーカーでは、テレビ広告と並行して、「STADIA」から抽出した「テレビをあまり見ない層」とLAPの類似拡張機能を活用した類似属性を持つユーザーを掛け合わせ、広告を配信した。その結果、通常配信と比較してテレビ広告に対するリーチの純増分が1.7倍に増加し、オンオフ統合リーチの最大化を実現した。

その後の効果検証では、LAPの類似拡張機能によって配信されたユーザーも「テレビをあまり見ない層」であることが確認でき、拡張精度も担保しているという。

Previous

日本マイクロソフトと富士フイルムが協業、AI・IoTを活用した内視鏡予知保全サービスを展開

ゼノデータ・ラボとダウ・ジョーンズが業務提携を強化、AIがニュースから経済を予測する「xenoBrain」の正式版を提供

Next