オフィスワンが介護施設向け非接触おむつセンサーを開発、IoT見守りシステム「Happiness絆」に搭載

介護施設の現場では夜間の就寝状況確認、排泄・排尿確認が大きな負担となっており、「おむつセンサー」はこの業務を軽減する重要なセンサーである。しかし、従来のおむつセンサーはおむつ内に取り付けて湿度や温度変化を計測するタイプが多く、身体に直に触れるため衛生管理の手間がかかり、形状によっては睡眠を妨げる可能性があった。また、「濡れたか・濡れていないか」の検知のため、少量の尿でも反応することがあった。

そこで、株式会社オフィスワンは、非接触おむつセンサーを開発し、病院・介護施設向けIoT見守りシステム「Happiness絆」の新センサーとして発売した。

非接触おむつセンサーは、厚さ0.35mmのシート型センサーだ。ベッドのシーツとマットレスの間に敷くことで、排尿・排泄に伴うおしり部分の重量変化を静電容量方式により検知し、付属のコントロール装置がIoT見守りシステム「Happiness絆」へ通知する。タブレット端末の「Happiness絆」管理画面ではアラートが鳴り、図面上の対象者の部屋が点滅して、介護士へ知らせる。

従来の直接肌に触れるタイプのセンサーは、排尿・排泄の度にセンサーを取り出し、交換・消毒を行う必要があったが、今回開発された非接触おむつセンサーは、シーツの下に敷くため、排尿・排泄後も取り替え不要で繰り返し使用できる。センサー本体はアルミ・塩化ビニール製で、万が一汚れた場合でもアルコールで表面の汚れを拭き取れることで再使用可能だ。

また、同センサーの感度は外付けのコントロール装置で10段階調節ができ、排尿をたくさんする、少量だが頻繁におむつ交換を希望するなど、個人個人の体調・体質・希望に合わせた設定ができる。そして、センサーが検知した尿量データを蓄積することで、体調や前日の水分摂取量に合わせて設定が最適化できる。

通知を送るためのコントロール装置とセンサー部分を分けた構造となっており、眠りを妨げない超薄型のセンサーを実現した。コントロール装置は縦13cm横4cmほどの手のひらサイズで、ベッドサイドにストラップで装着できる。センサー部分とコントロール装置が独立しているため、センサーが故障した場合でもセンサーだけを取り換えてコードを繋ぐことで使用できる。

同センサーは、病院・介護施設の業務削減を目的に制作されたIoT見守りシステム「Happiness絆」の新センサーとして搭載された。Happiness絆とは、「非接触バイタルセンサー(呼吸数・心拍数・離床)」「徘徊防止の無線センサー」など現場で必要とされる複数のセンサーを一括し、タブレット端末の管理画面から即時アラートを出すことで見回り業務などの負担を削減する。

患者・入居者の安全を守るセンサー類「Happiness -MIND-」、バイタル情報をチェックし記録するセンサー類「Happiness -PROUD-」から、居室ごとに必要なセンサーだけを選んで導入できる。連携可能なセンサーは以下の通り。

  1. アラート系のセンサー「Happiness -MIND-」
    • 非接触バイタルセンサー(呼吸数・心拍数・離床)
    • 徘徊・転倒時のアラート機能付き無線センサー
    • 非接触おむつセンサー
    • ドア開閉センサー
    • 温湿度センサー
    • 人感センサー
  2. バイタルチェックセンサー「Happiness -PROUD-」
    • 非接触タイプの医療用体温計
    • 上腕式デジタル血圧計
    • 酸素飽和度測定器(定期チェック用)
    • 酸素飽和度(常時用)

今後、オフィスワンは、Happiness絆に、入浴中の異常を知らせる風呂センサーやカメラ付きセンサーなど、新たなセンサー類を追加し、クラウド型見守りセンサーとして養老マンション型施設、在宅介護で利用できるように開発を進めるとした。

なお、非接触おむつセンサーをはじめとしたセンサーは、単独での販売も可能だ。

Previous

NECがユーザデータ活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」を強化、Webブラウザで生体認証ログインを実現

ヴァル研究所、デマンドモビリティの経路検索も可能なMaaS向け複合経路検索API「mixway API」提供開始

Next