カヤック、ゲーム開発会社ガルチを子会社化

株式会社カヤックは、2016年2月12日付で、コンシューマーならびにスマートフォン向けを中心としたゲーム開発を行う株式会社ガルチの株式取得および第三者割当増資を実施し、同社を子会社化したことを発表した。

カヤックでは「つくる人を増やす」の経営理念のもと、様々なサービスやコンテンツを生み出してきたが、近年はスマートフォンゲーム市場においても積極的に投資を行っている。

一方、ガルチはコンシューマー・PC・スマートフォン・VRといったマルチプラットフォームでのゲーム開発を可能とする経験と高い技術力を強みとしており、今後は、世界で急成長を遂げているPCオンラインプラットフォーム「Steam」上で、パブリッシャーならびにディベロッパーとしてタイトルの展開も検討している。

今回、カヤックによるガルチの子会社化により、両社の持つノウハウと強みを活かして、(1)スマートフォンゲームのクリエイティブを向上させ、競争が激化する同市場においてのさらなる収益向上、(2)カヤックのVR開発実績とガルチのUNITY技術を融合したVR活用ゲーム開発の実施、および「Steam」への展開を図る。

 

【関連リンク】
カヤック(KAYAC)
ガルチ(GULTI)

Previous

経済産業省、卓越した能力を持つIT人材の社会における活躍促進を目指し「未踏会議2016」を開催

10分で振り返る、今週のIoTNEWS人気記事 [2/6 – 2/12]

Next