経産省、第3回「スマートものづくり応援ツール」の募集を発表

IoTの活用を通じた生産性向上の取組が注目を集める中、中堅・中小製造業者は、IoTで何ができるのか、どのようなIoTツールがあるのか、どのようなデータをどう活用したらいいのか等の悩みを持っている。そこで、ロボット革命イニシアティブ協議会(以下、RRI)では中堅・中小製造業がより簡単に、安く使えるIoTツールの募集・選定を行い、「スマートものづくり応援ツール」として公表してきた。

今回、その第3回「スマートものづくり応援ツール」の募集を実施した。応募期間は2019年8月20日までで、審査結果の公表は10月初旬が予定されている。

これまで経済産業省ではRRIと協力し、製造業におけるIoTの利活用の推進を行ってきた。引き続き、製造業におけるIoTの利活用の推進に向けて、取り組みを進めていくとした。

出典:経済産業省ウェブサイト

Previous

NTTコミュニケーションズが放送コンテンツの5G伝送実験を実施、非圧縮での4K/8K映像の無線伝送実現へ

STマイクロエレクトロニクス、AR・VR・トラッキング向けMEMSモーション・センサを発表

Next