オプティム、兵庫県丹波地域でAIやドローン活用のスマート農業による特産物の生産力強化

株式会社オプティムは兵庫県丹波地域で2018年度からスマートアグリフードプロジェクトの取り組みを進めており、丹波篠山市でのピンポイント農薬散布テクノロジーを用いた「丹波黒 大豆・枝豆(以下、丹波黒)」の栽培に成功している。

今回、同社は、兵庫県丹波県民局丹波農林振興事務所・丹波農業改良普及センター、兵庫県立農林水産技術総合センター企画調整・経営支援部と共に、丹波黒、山の芋などの特産物の生産力強化を加速化するべく、AIやドローンなどのスマート農業ソリューションを活用した研究開発および実証実験を共同で実施する。

具体的には、丹波黒大豆における検知可能病害虫の拡充、及び新規作物として山の芋における葉渋病などの病害発生状況のAIによる早期検知手法の確立を目指す。また、丹波黒、山の芋における最適な農薬散布手法等を検証し、防除体系の構築を目指す。

オプティム、兵庫県丹波地域でAIやドローン活用のスマート農業による特産物の生産力強化

Previous

アドビ、デジタル体験に関する消費者の期待はパーソナライズされたエクスペリエンスと約6割が回答

IoTBASE、地図上にIoTデータを統合表示できる「スマートマップ」がIT導入補助金の対象ツールに認定

Next