東京デバイセズ、商用電源なしで最長”3年間”の連続運用が可能 「Raspberry Pi ソーラー電源キット」発売

岩淵技術商事株式会社が運営する、電子デバイスメーカーの東京デバイセズは、太陽光発電によりRaspberry Piを最長3年間連続運用できる電源キット「IW3100-BWS」を発売する。

Raspberry Piは小型かつ安価なIoTプラットフォームとして、防犯カメラやセンサなどへの応用が進んでいる。しかし消費電力が比較的大きいことから、電池で運用できる時間は数日程度に限られていた。今回、東京デバイセズは太陽光発電型のUSB電源を新規に開発することで、最長3年間の連続運用を実現した。

キットにはソーラーパネル・電池・USB電源・ケーブル類が含まれ、簡単な作業だけですぐに手持ちのシステムを無停電化できるという。

価格は26,800円 (税別)で、東京デバイセズ公式サイトにて販売。

また今後、Raspberry Piに加えてArduinoやEdison等、各種IoTプラットフォーム向けのソーラー電源キットの発売を予定している。

 

特徴

・高可用性: 24時間365日 USB電源を供給可能
・長寿命: 過放電保護機能によってバッテリー劣化の原因となる深放電を防止
・安全性: サージ保護回路、逆接続保護回路、過熱保護回路を搭載
・拡張性: ソーラーパネルやバッテリーを自由に拡張可能
・小型軽量: 約12×7cm 100g

東京デバイセズ、商用電源なしで最長"3年間"の連続運用が可能 「Raspberry Pi ソーラー電源キット」発売

 

【関連リンク】
岩淵技術商事(I.W. Technology Firm)
東京デバイセズ
Raspberry Pi ソーラー電源キット IW3100-BWS

Previous

「買う理由、買わない理由」を人工知能が解き明かす -ABEJA(アベジャ)CEO岡田氏インタビュー

富士通研究所、時系列データを高精度に分析する新たなDeep Learning技術を開発

Next