ドローンのレンタル開始! DMM.com いろいろレンタル

企業:

株式会社DMM.comが運営する、インターネットを使っていろいろ便利な商品をレンタルできるサービス「いろいろレンタル」で、ついにドローンの取り扱いが始まった。

レンタルできるドローンは2種類で、Parrot(パロット)の「ミニドローンズ ローリング スパイダー レッド」と「AR.Drone 2.0」だ。レンタルは2日~最大30日間可能で、レンタル料金は3,040円から。興味はあるけれど購入を迷っている方、話題のドローンとはどんなものなのか試してみるチャンス!

「ミニドローンズ ローリング スパイダー レッド」(上記写真:左)は、驚異的な敏しょう性を誇る超コンパクトな飛行ドローン。ボディ両サイドのホイールで床、壁、天井を転がり、その動きはまさにスパイダー。AR.Droneより6分の1(55g、タイヤ装用時65g)と軽量な装備でありながらも、ジャイロスコープ3軸と加速度計3軸がサポートするオートパイロットにより、同じように安定した飛行を実現する。

約1時間の充電で飛行時間は約8分(タイヤ操縦時は約6分)、飛行速度(最大)は約18km/h、ネットワーク範囲は20m。

Bluetooth Low Energyでコントロールするため、手持ちのスマートフォンやタブレットが「Bluetooth SMART 」または「Bluetooth SMART READY」の通信規格に対応した機種である必要がある。

 

「AR.Drone 2.0」(上記写真:右)は、iPhone/iPad/iPod Touch、Android端末などが送信機になるWi-Fiコントロールの4ローターヘリコプター。安定飛行とワンタッチ離着陸&自動ホバリングを実現。ハイビジョンカメラを搭載し、上空からの映像をカンタンに録画、手に入れた映像はすぐにYoutubeやGoogle+へアップロードが可能。

充電時間(バッテリー1本あたり)約150分で、飛行時間(バッテリー1本あたり)約18分。飛行速度は約18km/h、操縦可能距離は50m。重量は屋外ハル使用時425g、屋内ハル使用時455g

・関連リンク
いろいろレンタル
PRTIMES

Previous

Apple Watchに「キモチ」を表示可能に!スマホカメラに指当て30秒でストレスチェックできるアプリ『COCOLOLO(ココロ炉)』の新バージョンをリリース

ルネサス 業界初、IoT市場向けに、付加価値の高い製品の開発を加速させる革新的なプラットフォームを開発

Next