住友ゴムと関西大学、静電気を利用してタイヤの回転で電力を発生させる技術を共同開発

住友ゴム工業株式会社は、関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発した。

これは静電気の一種である摩擦帯電現象を応用したもので、タイヤの回転に伴う接地面での変形により、発電デバイスが効率良く電力を発生する。同技術は、タイヤ内側に取り付けるTPMS(タイヤ空気圧監視システム)などのセンサー類の電源供給として応用が期待でき、将来的にバッテリー不要のデジタルツールを活用したサービス創出に貢献する。

住友ゴムと関西大学、静電気を利用してタイヤの回転で電力を発生させる技術を共同開発
なお、同テーマは2018年10月に国立研究開発法人科学技術振興機構の研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)シーズ育成タイプFS(※)に採択され、同機構の支援を受けながら開発を進めている。

※大学等の研究成果に基づく技術シーズの可能性検証および実用性検証を行い、中核技術の構築を目指す産学共同の研究開発を支援するプログラム

Previous

電通デジタル、「Adobe Experience Cloud」と「Microsoft Azure」を連携したAI活用のマーケティングソリューションを提供開始

DataRobot、ビジネス成功を促進するAI特化型「AIサクセスプログラム」の提供を開始

Next