mobby rideと丸紅が協業、電動キックボードシェアリング事業に向けた実証実験を実施

株式会社mobby rideと丸紅株式会社は、電動キックボードシェアリング事業に向けた実証実験に、共同で取り組むと発表した。

mobby rideは、電動キックボードのシェアリングサービス「mobby」を展開する企業で、福岡市や神戸市で実証実験を行っており、マイクロモビリティの社会実装を目指し、自治体や企業と連携して事業を推進している。丸紅は、電力事業の拡大に取り組んでおり、「移動」という活動領域dでの新たな電力サービス事業の可能性を追求している。

今回、丸紅のオープンイノベーションプログラム「Marubeni Accelerator 2018」にmobby rideが採択され、共同実証実験の1つ目の取り組みとして、2019年8月11日と18日の2日間、静岡県浜松市の浜松市フラワーパークで電動キックボードの乗車イベントを実施する。この取り組みでは、利便性、快適性及びニーズに関するユーザーの声を集め、今後のシェアリング事業実現に向けた経済効果、集客効果等の検証を行う。

両社は同実証実験を経て、更なる取り組みとして、国家戦略特区(※)における実証実験を行うべく協議している。また、中長期的には継続的なシェアリング事業及びその他MaaS関連ビジネスへと発展させ、移動手段の提供のみならず、自由な移動そのものが、より豊かな暮らし、幸福な体験といった付加価値を生む事業の実現を目指すとした。

※ 地域や分野を限定することで、大胆な規制・制度の緩和や税制面の優遇を行う、平成25年度に制定された規制改革制度のこと。現在、東京圏や関西圏、愛知県等が指定されている。

Previous

NEC、杉並区で「スマート街路灯」の実証を開始、街路灯の管理効率化やリアルタイムな河川監視を支援

リコー・東京医科歯科大学・金沢工業大学、身体を傷つけずに神経活動を可視化する脊髄磁界計測システムを用いた腰部などの生体磁界計測に成功

Next