富士通と越谷市、低コストでセキュアなIoT技術を活用したメロン水耕栽培の共同研究を開始

埼玉県越谷市は大規模市場を対象とした稲作等の都市近郊型農業が盛んで、現在も市内には多くの水田・農地がある

しかし、越谷市内の水田は小さな区画で細かく区切られているため効率が悪く収益性が低い、また農業人口の老化・減少、それに伴い耕作がされず放置されている土地の増加という課題があった。

富士通株式会社と埼玉県越谷市は、本年7月30日よりIoTを活用したメロンの水耕栽培の共同研究を開始すると発表した。

低コストで導入可能な農業データ収集環境

同研究では導入・維持にかかるコストを下げるために安価な最低限必要な基幹部品を1枚の基板に搭載したシングルボードコンピュータであるラズベリーパイを用いて水耕栽培に関わる4つの環境データ(温度、湿度、照度、二酸化炭素濃度)を省電力センサーで収集し、耕作環境の見える化に取り組む。

富士通と越谷市、IoT活用のメロン水耕栽培で協業
温度、湿度、照度、二酸化炭素濃度を測定するセンサー
富士通と越谷市、IoT活用のメロン水耕栽培で協業
メロンを一日に一度撮影している小型カメラ

環境データはハウス内でも手元で確認できるよう、タブレットにリアルタイムグラフで表示される。

富士通と越谷市、IoT活用のメロン水耕栽培で協業

収集した4つの環境データは富士通のクラウドへ蓄積され、より高品質で効率的なメロンの栽培モデルを確立させるために、メロンの栽培環境と収穫量や品質との関係を解析していく。

富士通と越谷市、IoT活用のメロン水耕栽培で協業
システムの構成図。通信にはWi-Fiを使用している。

セキュアな情報収集技術の開発

富士通と越谷市、低コストでセキュアなIoT技術を活用したメロン水耕栽培の共同研究を開始
ラズベリーパイを使用したサーバー

導入コストを抑えるにあたり、問題となるのはセキュリティだ。

富士通はセキュアな情報収集を実現するために、IPA(情報処理推進機構)公開の指針をベースに自社のノウハウを活用し、動作するソフトウェアの堅牢化とトレンドマイクロ株式会社「Trend Micro IoT Security(TMIS)」が持つホワイトリスト機能(※)による不正動作の防止、セキュリティ証跡の一元管理、機器の物理的堅牢化(盗難、発熱対策など)を組み上げることで、多層防御によりシステム全体のセキュリティを強化している。

富士通と越谷市、IoT活用のメロン水耕栽培で協業
越谷市農業技術センサー所長 石川博規氏

今回の協業に関して、越谷市農業技術センサー所長 石川博規氏は「越谷市にある農地を活用して、収益性が高く見込める畑作に取り組んでいく。低コスト・高品質で量産をするために、良作・不作時それぞれの環境を数値化することで良作時の再現をするためのノウハウを蓄積し、まずは越谷市内の農家へ共有していく。また、農業経営に関わる販路等も含めて全体を通して研究していきたい」と述べた。

富士通と越谷市は今後、メロンハウス内で行っている作業記録をデジタル化、改善作業・環境データ・成長状態等を結び付けて管理・解析し、育成日誌として一元管理することで、高品質で多収穫なメロンの栽培に向けて研究を進めていく。

また、富士通株式会社 ソフトウェア事業本部 本部長 藤原隆氏は「富士通は数年前より効率的な農業を確立することに取り組んでいる。今後、環境データ収集だけではなく、メロンの収穫量や品質などとの関係も解析していくことでメロン水耕栽培へのIoT活用の有用性を検証していく。本研究結果を踏まえてIoTを活用した栽培方法を確立し、農家や関連企業にソリューションとして提供し、農業支援をしていきたい」と述べた。

※ ホワイトリスト機能:事前に許可されたアプリケーション以外の起動を抑止するほか、登録されたアプリケーションの改ざんを防止する機能。

Previous

小田急グループ・SBドライブ、江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を実施

ロジスティクス倉庫の現場の課題をコスパよく解決する ―秋葉淳一×八子知礼×小泉耕二【第20回・前編】

Next