ダッソー、食品工場のデジタルツインを3DEXPERIENEプラットフォームで構築

昨今、工場の生産活動はデジタルツイン化が進んでいる。

今回、ダッソー・システムズとアジアの食品ソリューションおよびゲートウェイ・サービスを提供するSATSは、SATSの航空機内のキッチン業務を強化するために、セントラルキッチンのデジタルツイン・エクスペリエンスを導入したことを発表した。

これは、機内で提供するケータリング食の製造ラインのバーチャル3Dモデルを作り、そのモデルを使って機内食の製造に必要な一連のプロセスを検証するものだ。

モデリング、シミュレーション、製造実行の最適化やモニタリング、分析などはすべて3DEXPERIENEプラットフォームで行われている。3DEXPERIENCEプラットフォームを機内ケータリングに導入するのは今回が初めてであり、食品工業のデジタルツイン化に貢献した。なお、製造実行の最適化の部分ではダッソー・システムズのグローバル生産オペレーションDELMIAが大きな役割を果たしている。

Previous

IoT人気記事ランキング|親子の歯磨きを楽しくする「Possi」など[8/5-8/11]

ライオン、ビッグデータやAI活用の「ライオン流健康サポート ライオン“GENKI”アクション」を展開

Next