DNP、独自の画像処理解析技術を活用した機械式立体駐車場向け監視システムを開発

機械式立体駐車場では、2007年~2014年に重大事故26件を含む約204件の事故があり、事故要因の約8割は、「無人の場所での確認不足」とされている。そのため、国土交通省は2016年に「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドライン」を策定し、施設管理企業は駐車場係員によるカメラ映像の確認やセンサーによる安全対策を実施してきた。

しかし、センサーで異常が検知された際に現場を確認しに行く負荷や、システム上で映像を常時監視する負荷が高く、駐車場係員が異常を見逃したり、対応できないことが課題となっていた。

こうした見逃し等を回避するため、大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、監視カメラの映像に映った注意するべき人物や物体に対し、存在を画面上にリアルタイムで表示することによって、危険な状況の見逃し防止につなげていく機械式立体駐車場向けシステムを開発した。独自の画像処理解析技術やセキュリティ技術とカメラを組み合わせた「DNPセキュア監視サービス」のひとつとして、2019年12月に提供を開始する。

同システムは、機械式立体駐車場で安全確認を視覚的に補助するため、監視カメラの映像に映り込んだ人物が長時間動かない、見えにくい位置や色の服装をした人物がいる、人物が車両内に残っている、置き去りになった荷物があるといった状況を画像処理解析技術によって検出して、画面上にアラート(警告)等を表示するシステムだ。カメラ・検出用PC・確認用モニター等の機材とセットで提供される。

主な特徴は以下の通り。

  • 注意すべき対象を高精度に検出、表示
    注意すべき人物や物体の動きを捉え、DNP独自のアルゴリズムで照明の変化、影や映り込みなどの要素の影響を低減して追跡表示する。動きが止まった物についても認識できる機能が備わっており、対象の移動・停止に関わらず継続して追跡する。
  • 導入環境に合わせてカスタマイズが可能
    環境に応じて、きめ細かくパラメータを設定できるため、確認したい場所の最適な解析結果を表示することができる。
  • リアルタイム検出
    安全確認機能に特化するため、軽量な画像処理のみで遅延の少ないリアルタイム検出を実現する。
  • カメラ等の機材を選ばない
    撮影している映像を解析するため、カメラ本体や、撮影した映像を保存・管理するソフトウェア(VMS)の制限を受けない。

同システムは、第1弾として、森ビル株式会社が推進する虎ノ門ヒルズビジネスタワーの機械式立体駐車場に導入される予定だ。

「DNPセキュア監視サービス」の機械式立体駐車場向けシステムを開発
Previous

NTT都市開発、スマートロックで従量課金型コワーキングスペースを実現

IDC、2019年第2四半期の国内携帯電話・スマートフォン合計出荷台数は前年同期比1.4%減と発表

Next