埼玉県、IoT・AI等を活用した「スマート保育園」モデル実証実験をユニファと実施

埼玉県では民間企業等との連携を積極的に行っており、2018年4月からは「Saitama-Collaboration-Lounge(Sai-Co-Lo/サイコロ)」を設置し、民間企業等からの提案を受け付けている。今回、その一環で、保育士の業務負担軽減と保育の質向上等を目指す実証実験を行うことを発表した。

現在、保育の現場では保育士の人手不足や保育の安全性確保等、喫緊の課題が多くある。保育士の業務は午睡時の体動記録や日誌の作成等、手作業による事務が多く、保育士の負担になっている。そこで、県はユニファ株式会社と連携し、これらの業務をIoT、AI等で効率化して、保育士が子どもと向き合う時間に集中できる環境を整えることで人手不足の解消や保育の質の向上等を図る、官民連携「スマート保育園」モデル実証実験を実施する。

実証実験では、ユニファが開発する乳幼児等の子育てを支援するための情報技術「ベビーテック」を保育園に無償で試験的に導入し、データを収集、分析を行うことで安全性確保を前提に効率化できる業務の整理やICT化の課題等を検証する。導入するベビーテックは以下の通り。

  1. 園児の昼寝中の体動や体の向きを記録する「ルクミー午睡チェック」、スマート体温計「ルクミー体温計」などにより収集した情報を分析し、子どもの健康状態の異変を早期検知する「見守りAI」
  2. 「ルクミーフォト」での自動撮影や音声録音のデータをAIが処理することで効率的に日誌を作成する「スマート日誌」
  3. 「キッズリー保育者ケア」での保育園の組織診断による早期離職の防止

なお、導入するベビーテックは、実施園の実情に合わせて上記のいずれかまたは全ての技術を導入する。導入施設は川口市、戸田市の保育園10か所で、実施期間は、2019年9月から2020年2月までだ。

Previous

日本IBMと東京大学、先端デジタル技術と人文社会科学を融合した社会モデルの創出で連携

東急電鉄とJR東日本等、伊豆での「観光型MaaS」実証実験Phase2を実施

Next