AJAX、温度・湿度・不快指数を感知する多機能型のLEDライト「SPACESHIP LAMP S3」を販売

株式会社AJAXは、多機能型のLEDライト「SPACESHIP LAMP」に、温度・湿度・不快指数を感知してスマートフォンに通知が届く機能を追加した「SPACESHIP LAMP S3」の販売を開始する。

「SPACESHIP LAMP」は、赤ちゃんの視力を保護して成人の目にもやさしい2,800~3,000ケルビンの灯りを実現している。夜間の授乳やおむつ替え時に、部屋の明るい照明をつけて赤ちゃんを驚かすということもなく、赤ちゃんの熟睡をサポートする。明るさは本体で4段階、専用アプリで100段階の調整が可能だ。

今回バージョンアップして販売される「SPACESHIP LAMP S3」は、ライト周辺の温度・湿度・不快指数をスマートフォンで確認でき、指定の数値以上になった場合はアラームで通知する。Bluetooth対応で、専用アプリではライトのオン/オフやタイマーなどの操作が可能である。その他の機能は以下の通り。

  • 約2時間の充電で最大10日間の点灯が可能な省電力設計
  • 発熱しないLEDの採用
  • 無音のタッチセンサー搭載
  • かんたん電源ON/OFF
    スマートフォンをシェイクすることでライトがついたり消えたりする。

「SPACESHIP LAMP S3」の本体価格は5,500円(税抜)で、専用アプリは無料だ。

Previous

東芝テック、スマートフォンやAIなどを活用したマイクロマーケット向けの無人店舗ソリューションの実証実験を実施

試作・研究段階を超え、実装されだした水産業のデジタル化 ージャパンインターナショナルシーフードショーレポート

Next