豊田通商がM-aidと資本・業務提携、パーソナルヘルスデータを活用した健康サポート事業の機能強化で「健康経営」に貢献

近年、日本では、高齢化や生活習慣病に起因する医療費の膨張などを背景に、病気の予防や健康管理の重要性が認識され、企業では、経営戦略として従業員の健康管理を考え投資する「健康経営」の取り組みが進んでいる。また、健康維持・増進のためには、生活習慣や健診結果などの「パーソナルヘルスデータ」を収集・管理し、健康状態に合わせたサポート・指導を行うことが効果的だ。

豊田通商株式会社は、パーソナルヘルスデータを活用した健康サポート事業の機能強化を目的に、株式会社M-aidと資本・業務提携を行った。

豊田通商は、「運動・食事を中心としたライフログ」を収集し健康管理に活用するサービスとして、健康経営支援サービス「TIES」と、フィットネスジム対応コンサル型健康管理サービス「からだステーション」を推進している。一方、M-aidは、個々人の医療データやライフログ、勤怠データなどを一元管理することが出来るシステム「ONLINE KARTE」を開発し、企業・健康保険組合・健診施設などへ展開している。

  • 「TIES」
    インセンティブとソーシャルサポートをキーワードにしたスマートフォンアプリケーションで、健康に無関心な人に対して「気づく」「続ける」「達成する」という行動変容を促し、企業の効率的・効果的な健康経営を支援する。
  • 「からだステーション」
    ウエアラブル端末、血圧計・体組成計などの測定機器、モバイル端末をネットワークで結び、ユーザーの運動・身体データの取得・一元管理・「見える化」を実現し、効果的な健康管理をサポートするサービス。
  • 「ONLINE KARTE」
    パーソナルヘルスデータ(健診データ、カルテ情報、ライフログ、勤怠データなど)を一元管理することが出来るシステム。

今回の資本・業務提携により、両社のサービスをベースに、「パーソナルヘルスデータを集める仕組み」と「データに基づくパーソナライズドサービス」を組み合わせ、企業や健康保険組合に対して「健康経営」の実現に向けたソリューションを提案する。また、健康層を生活習慣病にさせない仕組みの構築により、増え続ける医療費の3分の1を占める生活習慣病の予防への貢献を目指す。

なお、豊田通商は、M-aidとの資本・業務提携を契機とし、M-aidの既存株主である株式会社スギ薬局と企業および健康保険組合向けの次世代型予防医療サービスモデルの構築を目的に、業務提携する。

豊田通商・M-aid・スギ薬局は、同健康サポート事業を通じて、治療偏重の医療から未病・予防に特化した新しいサービスモデルの構築と、パーソナルヘルスデータが支える健康で豊かなライフスタイルの実現を目指す。

Previous

ネクストシステム、カメラ1つで人間の骨格を3D解析するAI骨格検出システム「VisionPose Single3D」を発売

矢野経済研究所、2019年の世界の5Gサービス契約数は850万契約の見込で2025年には41億3,400万契約と予測

Next