DMM.com・PwC・Sansan、高機能スマートロボットとクラウド名刺管理を組み合わせた、コミュニケーション改革支援サービスの提供を開始

株式会社DMM.comとプライスウォーターハウスクーパース株式会社(以下、PwC)、Sansan株式会社は、2月23日、スマートロボットを活用した企業内コミュニケーションの改革を支援するための協業を開始する。

同サービスでは、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、高機能AIを搭載したスマートロボットを機能連携させる。

スマートロボットがユーザーインターフェースとなり、音声会話やメール等で情報の受け渡しを行うだけでなく、職場のコミュニケーションを活性化させる潤滑油としての役割も担う。顔認識機能により、担当顧客に関連する情報や訪問時に役立つナレッジなど、利用者の趣向に合わせた情報発信を、ロボット側から行うことも可能だ。利用者とロボットの接触回数が増えれば増えるほど、データの蓄積が進み、Sansanが本来持つ顧客データベース管理と情報共有機能をより効果的に活用できる環境が整う。

 

PwCは、こうしたスマートロボットを活用した次世代情報基盤の構築に関し、企画検討から導入・運用までトータルに支援するコンサルティングを提供する。スマートロボットは、DMM.comのロボティクス部門「DMM.make ROBOTS」がラインナップする高機能AIスマートロボットを、企業のオフィス環境に合わせ、カスタマイズをして提供する。

なお、同ソリューションの基盤にはマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure、 統合型 CRM アプリケーション サービスMicrosoft Dynamics CRM Online、統合型情報共有クラウドサービス Office 365を活用し、日々の企業活動における情報利活用、業務効率化の促進が可能となる。

 

社内のコミュニケーションが硬直化し、人や情報を有効活用できていない企業は少なくない。顧客情報やナレッジを活かせず、営業機会を逸することもある。こうした課題を解決するために、スマートロボットをインターフェースとしたコミュニケーションを変革するサービスを提供。

同協業により、企業が抱えるコミュニケーションの課題を解決に導き、テクノロジーを活用した次世代の働き方を企業に浸透させることを目指す。

今後は、2016年3月1日より、予約の受付を開始する。

 

DMM.com・PwC・Sansan、高機能スマートロボットとクラウド名刺管理を組み合わせた、コミュニケーション改革支援サービスの提供を開始
提供機能一覧

 

【関連リンク】
DMM.com
プライスウォーターハウスクーパース(PwC)
Sansan
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

dmpとIRIDeS、SmartEyeglass等のウェアラブルデバイスや震災アーカイブデータを活用した被災地観光・防災教育ツアー『AR HOPE TOUR in Sendai』を開催

コニカミノルタ、デジタルマニュファクチュアリング展開、生産技術力強化、拠点最適化を推進 情報機器事業の新生産子会社を設立

Next