ソフトバンクとCBcloud、運送分野のIT化で業務提携

ソフトバンク株式会社は、通信事業を基盤に最新技術を活用してさまざまな産業のデジタル化に取り組んでおり、その取り組みの一環として物流業界の変革に注力している。近年深刻化するドライバー不足や再配達増加などの物流業界の課題解決に向けて、テクノロジーの活用とパートナー企業との共創により、サプライチェーンの全体最適化を目指している。

CBcloud株式会社は、軽貨物と荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」や、AIやブロックチェーンを活用した動態管理システム「ichimana」の提供を通して、ラストワンマイル(※)のドライバーが直面するさまざまな課題の改善と荷主の利便性の追求、およびITソリューションの提供による運送業界の効率化を促進し、社会インフラとしての運送網の強化に取り組んできた。

今回、ソフトバンクとCBcloudは、運送分野のIT化に関する業務提携契約を締結した。ソフトバンクが目指す効率的なサプライチェーンのラストワンマイルの配送を担う軽貨物および一般貨物の運送領域において、CBcloudが有するITを活用したプラットフォームおよびソリューションを提供する。

ラストワンマイルの軽貨物運送領域においては、CBcloudの「PickGo」と連携して全国で約12,000人以上の軽貨物ドライバーが登録するマッチングプラットフォームを提供するとともに、熟練ドライバーのノウハウを継承した宅配の効率化ソリューションであるCBcloudの「LAMS」を活用して、効率的なルート配送や荷積みノウハウの提供、受領サインの電子化など、ITを活用して軽貨物ドライバーの業務の自動化・効率化を行う。

一般貨物運送領域では、基幹配送を担う中小運送事業者の開拓と、同事業者へのCBcloudの業務支援システムおよび通信サービス・スマートフォンの提供を、両社で連携して行う。

また、ラストワンマイルの軽貨物運送領域では、ソフトバンクとイオン九州株式会社が、2019年6月から開始した実証実験に協業パートナーとしてCBcloudが参画し、「PickGo」を活用してイオンショッパーズ福岡店のネットスーパーの注文品の夜間配送を行っている。

なお、ソフトバンクは、CBcloudのシリーズBラウンドのリードインベスターとして、第三者割当増資の一部を引き受けている。

両社は、同業務提携をもとに長期的な市場拡大を目指し、協業を推進する。ITの活用により運送業界における自動化・効率化を促進し、運送業界の構造改革や、全国の登録貨物自動車(一般+軽貨物)の94%を占める中小運送事業者に属するドライバーの労働環境の改善など、業界が抱えるさまざまな課題解決に取り組むとした。

※ 物流におけるラストワンマイルとは、各地方にある最終的な配送拠点から、法人や一般家庭など荷受人に商品を受け渡すまでの区間を指す。

Previous

凸版印刷とタカヤ、ICタグを活用して吊り下げタイプの商品棚に陳列された在庫をリアルタイムで確認できるスマートシェルフを開発

GMOクラウド、AIカメラ活用の来店客分析サービスに専門知識を持たなくても実用的な分析ができる「クロスABC分析機能」を実装

Next