インテル、東京2020オリンピックでのテクノロジー活用について発表

2019年9月11日、インテルは東京2020オリンピックに向けた取り組みについて記者会見を行った。会見ではインテルの共創パートナーも登壇し、提供するソリューションについての説明があった。

映像解析による観戦、VRによる会場管理者トレーニング

インテル・セールス&マーケティング総括本部・副社長兼オリンピック・プログラム・オフィス本部長のリック・エチュバリア氏によれば、インテルは3つの重点分野について、パートナー企業と東京2020オリンピックに向けてテクノロジーを提供していくという。

インテル、東京2020オリンピックでのテクノロジー活用について発表
各分野での取り組みと共創パートナーについて説明するインテルのリック・エチュバリア氏

1つは「CONNECT(ネット接続)」。これについてはシスコのネットワークを新国立競技場を含む42の競技会場や、選手村や放送施設といった競技場以外の施設に用いるという。シスコのネットワークには、インテルの提供するXeonプロセッサー、SoC(System on a chip)、SSD(Solid State Drive)といった技術が使われている。

2つ目にエチュバリア氏が挙げたのは「コンピューティング(演算)」。この分野については2つのソリューションを用意しているという。

まず1つはオリンピック放送機構(OBS)とのパートナーシップによって取り組んでいる「3Dアスリート・トラッキング(3DAT)」。これは4台のモバイル・パンチルトカメラ(レンズが上下左右に動き、望遠・広角機能があるカメラ)を利用して選手のフォームや動きを取り込み、その後、インテルXeonプロセッサーに最適化された姿勢推定アルゴリズムを適用して、選手の動きを分析するというもの。競技中でのほぼリアルタイムでのインサイトの把握など、視聴体験の向上につなげるのが目的だそうだ。

もう1つは「VRトレーニング」。競技会場をデジタル化して仮想会場を作り、VRのコンテンツとして競技会場の管理を担当するマネージャーたちの学習に利用するという。これについてはIOCとの協力で取り組んでいるとのこと。

顔認証による入場管理

重点分野の3つ目は「エクスペリエンス(体験)」。これについてはNECとの共創で提供する顔認証システム「NeoFace」が紹介された。

インテル、東京2020オリンピックでのテクノロジー活用について発表
NECの提供する顔認識システム

これは会場と宿泊施設の入り口に設置された「NeoFace」がカメラで選手、ボランティア、報道関係者、スタッフなどの顔画像を取得し、顔の特徴を識別する。そして識別された情報をクラウドに上げて、予め登録されている個人の顔画像との照合を行い、入場の可否を判定するという。NECの顔認証技術とインテルのAIソリューションを掛け合わせたものが「NeoFace」だそうだ。

登壇したNEC・執行役員CMOの榎本亮氏は「オリンピックに顔認証システムが使われるのは初めてのことだ。今回の東京2020オリンピックでは全ての入退場のコントールに使う予定である」と語った。

「エクスペリエンス」の分野については、平昌オリンピックでも使われたバーチャル・リアリティ観戦のソリューション「インテルTrue VRテクノロジー」や、インテルのAIソリューションを利用してオリンピック・パラリンピックの公式ビートを作曲するプロジェクト「#2020beat」が紹介された。

Previous

半導体製造技術や液晶ディスプレイを活用する3Dプリンタ ―高精度・難加工技術展レポート

家電同士の接続が消費者にウケないワケ ーIFA2019レポート2

Next